顎成長矯正・歯を抜かない矯正

顎成長矯正・歯を抜かない矯正

1日10時間・簡単矯正
自宅で装置を使うだけの新しい矯正

顎(あご)が小さいと、歯がきれいに並びきらないために、歯並びが悪くなりがちです。

歯並びが悪いと虫歯や歯周病になりやすくなるだけではなく、いびきや無呼吸症候群になることがあります。

顎矯正(がくきょうせい)は、1日10時間装置をはめて、あごを成長させる矯正です。お子様も大人も矯正することができます。


装置をはめることで顎を成長させて、口の中の空間を広くし、歯並びを整えます。
口内の空間が広がることによって、呼吸がしやすくなり、いびきや睡眠時無呼吸症候群を抑制することができます。

顎を広げたら、顔が大きくなってしまうのでは?と心配されるかもしれませんが、矯正で成長させるのは「歯が埋まっている骨」だけです。顔の輪郭は変わりません。

顎成長矯正の例

お子様の施術例

顎が小さくて、狭く細長い歯並びでした。
1日10時間程度自宅で装置を使うことで、本来の位置まで顎が成長して、歯が自然にきれいに並ぶようになりました。

施術前

お子様の顎成長矯正の施術前

施術後

お子様の顎成長矯正の施術後

大人の施術例

顎が十分に成長しなかったために、口の中が狭く、歯が並びきれない状態でした。
1日10時間程度自宅で装置を使うことで、顎が十分に広がり、歯が自然な状態に整いました。

施術前

大人の顎成長矯正の施術前

施術後

大人の顎成長矯正の施術後

顎成長矯正の利点

1. 装着は1日10時間。

顎矯正の装置は1日10時間装着します。ご自宅でケアできるので、「矯正は目立つから心配」という患者さんもご心配いりません。

2. 取り外せるから食事も楽しく

取り外せる装置ですから、食事がしにくいということはありません。

3. 虫歯や歯周病になりにくい

ワイヤー矯正はブラッシングが難しく、虫歯や歯周病になることがありました。顎矯正は1日10時間装着する以外は、取り外して歯を磨くことができるので、虫歯や歯周病を予防できます。
(ただし、歯を磨かなければ虫歯になります。きちんとブラッシングしましょう!)

顎成長矯正の治療期間

顎の大きさや歯の乱れ方により異なりますが、おおむね12ヶ月から36ヶ月でしょう。
その後、矯正の固定期間に12〜24ヶ月ほどかかります。(移動距離や本数により個人差があります。)

顎成長矯正の費用

初期費用は上下で約45万円、再診費用は約5,000円です。(再診は1〜2ヶ月ごとになります)
初回のカウンセリングは無料です。お気軽にご利用ください。

PAGE TOPへ
(C)Hakuho Dental Clinic All Rights Reserved.
サイト内のコンテンツ・情報の転用はお断りいたします。